脳のお話

こんにちは^ – ^
ノアココロンゆうすけです!

最近学んでいる心理学で、脳について少し教わったお話。

どうやら脳には3つに機能がわかれていていまして、「ストレス」も関係していました。

一番奥に「脳幹」という生命を維持するところ(心臓や胃、肺など生きていく為に必要な重要な働き)24時間365日休まない。

次にその周りに「本能」の脳(自分の欲求、食べたい物、やりたいことなど)

ちなみに、3大本能は食欲、性欲、集団欲。

最後に一番外側にある「理性」の脳(本能をコントロールするところ)

この3つが大きく分けられていて「本能脳」のやりたい事を押さえるのが「理性脳」で、その間に摩擦が起きるのが「ストレス」だそうな。

ストレスがないと、本能脳をコントロールできませんが、ずっと溜め込みすぎると「脳幹」に影響を及ぼして身体に異常が起きて「心身症」になってしまうそう、、、

「脳幹」は生命に直結するところなので、大切にしたいです。

たまにはアホなことをして、ストレスを発散する事が身体によいみたいで。

ストレス発散とは何か?意識して考えてみると、僕はジョギングしたりマッサージを受ける、美味しい食事、信頼できる人とお話し、アニメや漫画をみたり、することですかね。

こうやって脳の構造を知ることで、ストレス発散が大切なことが分かると、無理に頑張らない方がいいんだなぁって事が分かり、心が楽になります。

知ることは面白い。

関連記事

  1. 一歩を踏み出せるなら、もう一歩も踏み出せる

  2. 10分間のマッサージでも次に繋げる意識

  3. すぐに環境に適応するのは難しいけど、一歩ずつ前へ

  4. 毎日プランク(体幹)トレーニングをしていて変化を感じる

  5. セラピスト成田です^ ^

  6. 足のオイルマッサージ研修

ノアココロン予約

▼LINEからカンタン予約できます!
お気軽にお問い合わせくださいませ。LINE@

営業時間:11:00〜20:00(最終受付 19:30まで)
火曜日は定休日

ノアココロンTwitter